【調和】「愛されている」と「満たされている」の環流の作り方

(外側から)愛されている (⇔) 満たされている(内側が)

(内側が)満たされている (⇔) (外側から)愛されている

 

愛されたい、満たされたい (⇒)

(まだ環流のない状態)

  

「愛される」でも「満たされる」でも

まずどちらかを自分向きの流れに整えることで

最初の循環ができる

…んだけど、

どちらも 外側の世界と関わる(外側から貰う)ことで成立しやすいってことが最大のポイント!

 

だからこそ、

自分の外側との調和が大事だって

このところ強めにずっと言ってきてたんですよ。

外側との「摩擦」を減らす(☞ぬるぬるさん)ことも含めて。

  

 

ボトルでイメージしてみると・・・

 

外側の世界(他者や環境)と関わるからこそ、

自分の「内容量」(知識・経験値・学習量・思考力・信念・他者への尊敬や憧れ)を増やすと安定する。

 

そして、外側の世界と関わることで(他者との親密さによって)ボトルは満ちていくんです環流の原理で。

 

(外側から)愛されている (⇔) 満たされている(内側が)

(内側が)満たされている (⇔) (外側から)愛されている

 

 

 

当然、空のボトル 「からっぽ」は不安定でしょ?

少し揺れただけ、少し触れられただけで倒れてしまいやすい。

「からっぽ」は軽いからブレやすい。

 

ブレると、安易で作用エネルギーの大きなもの(大概ニセモノ)なら何でもよくなって

焦ってソレで「自分」を満たそうとするから、

満たされていないという事実から目を逸らしている、自覚・危惧していないまま他者と関わると

すなわちそれが「素直」な状態ではないからこそ その先で「やらかす」んです。

 

【ターニングポイント】この人を「あなた」の中に迎えますか?@実際に選んでいるのは人との関係 | TIARA 癒しの治療院(sub)

https://ameblo.jp/tiarapt2022/entry-12780807786.html

  

まずは自分から。

自分の内容量をコツコツと満たしていくことから丁寧に。

 

自分が発しているもののベクトルを綺麗に揃えること = 単純に自分の内容量を増やす

 

 

【 浄化 】

満たされたところから

余分ないらないところ(平均点を下げているような低波動の項目)を手放すのが浄化。

  

まだ必要量に達していないときには

切り離せないの。

 

 

血液みたいに想像してみて。

いくら波動の低いエネルギーでも、

それ込みで全体の30%を失えばショック状態で、

40%を失えば意識がなくなり生命の危機に陥る血液と同じようなものだって。

私たちは「人間」という動物として物質の世界で今生きているんだから。

体内を流れる血液量は、体重1kgあたり約80mL(体重あたり7.7%)です。体重50kgの人の血液量は約4Lになります。

 さまざまな原因で血管が破れ、血管内を流れている血液が血管外に漏れ出て出血します。全血液量の約30%(体重50kgの人で1200mL)以上が短時間で失われると血圧低下となり、さらに40%(1600mL)以上の出血で意識がなくなり生命の危険があるといわれます。

出典:出血量と生命|家庭の医学|時事メディカル|時事通信の医療ニュースサイト

昨日、いえすが言っていた

✟ 「すごいことがあったんだよ!

僕がすねてるって知ったことで

僕にアクセスしやすくなった人が何人もいてね!

それってさ、

僕への優しさで

チャネリングの精度を上げた人ってことなんだよ

すごいことだよね、

自分のためよりも

僕への思いやりでの方が

『今までのレベル』を超えられるなんてさ!

君たちは愛で

どんどん自分の可能性を開いていく

こんなに嬉しいことを実際に体験させてみせてくれるくれるなんて…

君の凄さを目の前で証明してみせてくれるなんてさ、

とても幸せなクリスマスになったよ!

君の優しさは、

君自身の可能性や能力を加速させている

僕は心から君を誇りに思うよ」

 

 

あなたは、 他者との調和を図るときに

自分を進化させるように「最大出力」で「あなた」を発揮できるという世界観で愛の中にいる人。

 

 

↓ こちらも併せてご一読いただけると深い理解に到達しやすくなると思います。

【 意図 】ひとつずつ満たしながら完了させていくことが大事なとき

【 意図 】ひとつずつ満たしながら完了させていくことが大事なとき

「満たされない」の連鎖(サイキックアタック)に組み込まれないために   サイキックアタックの回避としても、 ブレることなく自分の軸を保ちながら活動を続けていくの…

 

 

この記事があなたのお役に立てたのなら
他の、必要な方に届くよう
ランキングのクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ★☆ ☆★ Thank you ★☆ ☆★