【自律神経】自分で選んで意識的に切り替える必要性が高くなっている

自分のケアも、時代(環境)のエネルギーによって変えていく必要がある

 

肉体よりもエネルギー体の方が発達しているような

物質よりも、

エネルギーの世界への親和性が高い方向けの情報です。

 

いわゆる、一般的な自律神経の話しではないので

病院にかかることで治療になる方は

こういう時期ですからね、

誰かに頼るという意味でも

病院でドクターに診察してもらってくださいね。

 
 
 

体調に反映される状態が、4次元という「狭間」の状態にそっくり

 

自律神経とは、

交感神経(働く、戦う、テンションが高い)と

副交感神経(休息、回復、リラックス)の2つの神経が

自分の活動にとって有益な状態に保たれるよう

相互に優位性を交換しながらバランスをとってくれているものです。

 
 

私事なんですが、

ゴールデンウィークの少し前から2週間くらい

体調が「地獄」だった期間がありましてw

 

体調が「地獄」ってwww ってなりますよねw

もう、自分の力だけでは

前の患者さんのものを次の患者さんまでに消せなくなっていて、

「浄化」みたいな

丁寧に対処してその場で処理を完了させていくものでは追いつかなくなっていたので、

いろんな方向性の莫大なネガティブなエネルギーに飲まれないように

とにかくもっと速く走る!!しかないな、と

いろいろやってたけど・・・コーヒーを多飲!みたいなので

その場をしのいでいたんですね。

 

↑ 交感神経をバリバリフル稼働して

スピードが少しでも落ちると捕まるので

それだけを回避できれば このままもう少し走り続けられる!と。

 
 

そのうちに、得体のしれない蕁麻疹が出始めまして。

コーヒーを飲むと酷くなるな・・って調べたら

コーヒーが、アレルギー反応を起こすヒスタミンの放出を促してしまうんだとか。

 

これってね・・・

コーヒー → 交感神経優位

ヒスタミン(アレルギー反応) → 副交感神経優位

ぐっちゃぐちゃの状態なんですよ。

 

もはや、頑張ろうとすると痒くなるっていう状態になってしまって。

 
 

でね、私の体質が異常なんですがw

肉体の接触より前の段階の、オーラが接触した時点で

相手の肉体の情報が自分の肉体に入ってきてしまうので、

私と同じような「頑張りすぎ」という状態で

体内にヒスタミンを過剰に放出させている人の

そのヒスタミンに反応して、

私に蕁麻疹が出るようになってしまって。

 

こうなるともう、人間ヒスタミン検出器ですよねw

 

「うわあ!あなた頑張りすぎですって!!

だって、私の腕がこんなに腫れ上がってきましたもん!!」っていうw

 

こうやって、日常的にヒスタミンに過剰に触れていたら

ある夜、息ができなくなって目が覚めて。

体の内側が蕁麻疹の炎症みたいなもので腫れて気道が・・・っていう。

あ、これ死ぬやつだ アナフィラキシーみたいになってるって

生まれて初めてアレルギーの薬(抗ヒスタミン剤)を飲みました。

 

(話しには聞いてたけど、あんなに小粒ちゃんなのに

体の中に除湿器を搭載したかのような渇きっぷりと、

猛烈な眠気に泥酔・・いや泥睡させられて起きていられなかったですw

あいつ、すごいパワーですね!w)

 
 

かゆみって、エンドレスで「我慢」するという状態がもたらされるものであり、

副交感神経が優位になると酷くなる。

つまり、プライベートな時間を侵害される症状なんですよね。

休もうとすると症状が酷くなるから

ごはんを食べる、お風呂に入る、リラックスして自分の時間を過ご・・そうもんなら

ものすごい勢いで襲い掛かってきて

それに負けて、

少しでも症状が出てる場所に触れた途端に

血が出るくらいにかきむしるのをやめられない・・・

しかも、掻くほどかゆくなるから

掻くほどイライラする仕組みになってるっていう。

 
 

これ、何かに似ていませんか?

そう!!低波動の干渉を受けている「憑依」の状態と同じ!!

 
 

自律神経の切り替えがうまくできなくなった状態で「狭間」の症状が出るのは、

3次元から5次元、高次元から3次元へと次元移行をするときの

「狭間である4次元」に足を取られる状態と同じだったんです。

 
 

【ミラー①】高次元・高波動とは@ポジティブなエネルギーに満ちている5次元以上に繋がることが大事

 

 

ここまで繋がったら、あとは簡単でした!!

 

頑張ろうとするあまり交感神経が過剰に優位に。

そこから休もうとするときに症状がでる。

 

蕁麻疹系のアレルギー反応を筆頭に、

帰ってきて落ち着くと、ソファーから立てないくらいだるくなる

お風呂に入ると更に疲労感が増す

帰ってきてスイッチが切れると鬱っぽくなる

寝つきが悪い、眠りが浅い

次の行動に移るまでに異様に時間がかかる

ぼんやりして、集中できない

いろんなことが心や頭に浮かび、ひとつのことを楽しめない

みたいな、こういうのを

「我慢しない」「耐えない」「放置しない」「そのままそこに留まらない」こと。

免疫力が下がることって、そもそも波動が下がってのことなのでね。

 

 

蕁麻疹で言うなら、

皮膚の下で、ずぅーーーっとチョビチョビちょっかいを出されてるのを

何とか無視しようと「我慢」し続ける間に

精神も肉体も、もぉぉぉぉーーーーのすごく疲弊してたの。

これって、ずっと戦ってるのと同じ状態。

その場に居続けているのと同じ状態。

だからこそ、毎日・毎時間・毎分・毎秒 機会があれば症状が表れる。

 

症状を切り離すには、

自分の存在波動を変えるしかないな!って思ったから、

何かに夢中になる、筋トレみたいなキツめのことをする(完全に交感神経側)か

薬を飲むようなことも含めて、深く眠るようなかゆみが治まることをする(完全に副交感神経側)か。

 

 

自分の体を休ませながら仕事のことを考える・・とか

↑まさに 狭間ですよね。

こういうのって、無意識でそうなってしまうからこそ

今はこういう風に時間を過ごす!って強めに意識することで

症状そのものへの対処も上手になる感じです。

 

 

「憑依」として、自分にエネルギーで干渉してきている人を探すのなら、

「かゆみ」として再現される人は、

自分にものすごくイライラしていて、

自己嫌悪が、怒りになるタイプの人ですね。

 

蕁麻疹を搔きながら、

これって完全に自傷行為だなって思ってましたもん。

自分を必要以上に追い込み、追い詰め、嫌いになってるからこそ

自分の手で自分の肌から血が出るまで執拗に責めるっていうか。

で、そうやって自分を罰しているうちに

更にどんどん自分にイライラしてくるっていう。

 

蕁麻疹が治まってるときの自分の肌を見ると、

あれ?私・・猫と決闘でもしたっけ?みたいな

怒った猫にシャーーー!!ってされた痕か?みたいになっててw

あれはたぶん、そうやって自分自身と決闘し続けている人のエネルギーなんだろうな、と。

その戦いが「地獄」だって思ったの。

自分が自分を許せるまで「地獄」なんだろうなって。

 

 

 

ちなみに私のは、私の肉体の症状ではなく

周囲にあるエネルギーを拾いすぎてのものだったので、

薬は、3日で2錠飲んだところで症状が切り離されました。

「その場から立ち去る」にあたるところまで

症状や現実化されてきているものと距離を置くことができれば

それが「あなたのもの」ではなくなるってことね。

 

 

 

私が今お話ししてるのは、

蕁麻疹の治し方じゃないってわかるよね?w

自分よりも低い波動の影響を受けているときの対処法だよ。

 

いつでも自分らしく、自分のペースでお仕事ができたらいいけど、

お仕事のスケジュールや過酷さなんて、

なんていうか・・・そんなの絶対クライアントさん次第だもんw

プロとして、相手の前に立ち続けるために

必要に迫られて、自分にとって過酷な選択肢を選び

とりあえずここを乗り切れれば!!って自分の限界と戦い、それを越えていくことだって

「普通」にあるあるでしょ。

 

そんな中で、コーヒーに頼りすぎて

ヒスタミンに反応しやすくなった体(低い波動の影響を受けやすい体)を作ってしまったのは私だけど

低い波動そのものにアクセスしようとしてそうなったわけではないの。

お仕事に全力で向き合うための苦肉の策が

体調が地獄なんですけど!っていう

思わぬことになったっていうw

 

それに対して、

自分の存在波動を変えるしかないな!って思ったから、

何かに夢中になる、筋トレみたいなキツめのことをする(完全に交感神経側)か

薬を飲むようなことも含めて、深く眠るようなかゆみが治まることをする(完全に副交感神経側)か。

 

 

自律神経がやってくれるままを黙って受け入れてないで、

自分で選んで意識的に切り替える必要性が高くなっているってこと。

 

 

本来、目に見えないストレスが

症状として目に見える形に。

具現化ってことは 事態や、社会環境としては「進行してる」ってこと。

まぁ・・・悪化してるってことだよね。

 

 

 

シックスセンス(ライトワークのための能力)の喪失

 

シックスセンスって、相手のためや地球のために使う目的のものだから、

あんまり自分の人生のため!って搭載してくる人はいない。

うん、たぶん誰もいないんじゃないかな。

 

生まれてくるときに能力を持たせてもらう段階では

この力でみんなより優位に!自分の力を誇示!他者をコントロール!みたいなのは、

きっと、閃きもしないような愛に満ちた世界の中で授かるものだから。

 

でも現実に、そういう人が地球に存在しているってことは

地球に来てからそうなった(堕ちた)人なんだと思うの。

 

今持っているものを使えば、他の人より優位に立って自分を守れるわ!って、

生まれて来るときよりも本人の波動が堕ちたから「気がついた」んだけど、

こんなことにも気づかないなんて他のやつはバカかw て思ってるんだと思うwww

傲慢だし、尊大だよね。

 

本来、愛でしか使えない能力だから

魂が歪むような重大なリスクがあることに気づかないまま、

何らかの高揚感や全能感まがいのものに惑わされて、

そのまま一歩踏み外した途端、崩落・・っていう。

ホンモノの愛の波動からの高低差がものすごいから、

すぐに、あ・・これ違ったってなるやつ。

ジェットコースターとかで急降下時に内臓がフワッて浮くような気持ち悪い感じなんじゃないかな。

 

 

 

シックスセンスが、相手のためや地球のために使う目的のものゆえに、

コロナ禍で人との関係が薄くなり

脳の前頭前野の機能低下

空気が読めない☞シックスセンスが使えない

自分勝手、自己中心的になったことでシックスセンスが完全に閉じる

ホンモノのヒーラー、ライトワーカーの激減

 

って流れですかね。

 

 

あっち側に堕ちるのなんて 本当に一瞬のこと。

相手のためや地球のために使う目的の、

お預かりしてきたとても尊いものを、

自分のエゴを満たすための

「傲慢さ」や「尊大さ」として使った瞬間に

「今まで」ごと自分で自分を大きく堕としてしまうことになる。

 

 

それを、地球では「個人の自由意志を尊重」って言うっていうねw

 

 

この地球という場所で、ホンモノの愛からはぐれると

相手のためや地球のために使う目的の自分の能力ともはぐれることになって

さっきまで自分でも生み出せていた愛が生み出せず、

ライトワーカーから、

光や愛を必要とするだけで、生み出すことのできないレベルの人に堕ちる。

 

今は、そっちのことまで考えられないからあれだけど、

今みんなが思ってるよりも遥かに多くなってるケースだと思うよ。

 

だからこそ!!

光でいてくださっている方たちを

丁寧にフォローアップしていく時だと思っていますので。

 

・・といいながら、5月初旬の頃の情報を今やっと公開しているていたらく。

まぁ、こういうのって

自分が完全にそこから立て直せていないと書けないですからね(という言い訳w)

 

 

この記事があなたのお役に立てたのなら
他の、必要な方に届くよう
ランキングのクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ★☆ ☆★ Thank you ★☆ ☆★