【スターシード】ウォークインの感覚

一個人というよりも、集合体という感覚の方が強い

 

スターシードは、抱えている母星によって

そのキャラが大きく違います。

 

私も、他の星の深い事情みたいなことはよく知らないので

アルクトゥルスのこととして書きますね。

 

アルクトゥルスと人間の関係がそうなのか、

アルクトゥルスという星がそうなのか、

ウォークインが起こりやすい(というか起こされやすいw)星だと思います。

 
 

ウォークイン☞私がよく中の人が代わったって言ってるアレです。

 
 

地球よりも、もっともっともっと深く

ワンネスとして他の魂と繋がっている場所なので

リアルに、あなたが私で、私があなた、みたいな感覚で生きている星。

 

なので、私が地球に居ても

私という一個人という感覚よりも、

アルクトゥルスという集合体として

一人分の人生のストーリーを生きているような感じで

みんなとは、その連なり方が全く違うんだと思うんです。

 
 

シャーロック・ホームズで例えるウォークイン

 

ロンドンで活躍する探偵さんなのが原作ですよね。

 

このね、シャーロックホームズが

星との集合体として生きている私だと思ってくださいね。

モチーフみたいなものが、実際の私。

 

中の人が代わるタイミングって、

私を動かす存在(作者)が代わるタイミングがほとんどです。

 

 

この作品を書いた人のシャーロックは

ニューヨークで活躍していて

自宅の屋上で蜂を飼ってるw

相棒のワトソンが女性で

元薬物依存

 

・・・むちゃくちゃさせよるやんwww

 
 

で、次のこっちのシャーロックは・・・

 

歌舞伎町で活躍してて

推理を落語で披露w

ごはんに桃缶かけて食べる

 

いや、だから・・・むちゃくちゃさせよるやんwww

 

私、落語まではやる気ないってぇぇぇぇ

⭐「今回のシャーロックは、落語推しだから!」

らくごぉぉぉぉぉぉwww

今回は、推理より落語の方が難儀やわ

・・・みたいなねw

 
 
 

私が、今人間やれてないです💦って言ってるときは、

その国の文化や、その国の言語を習得している最中だったり

今回のシャーロックの設定を咀嚼している最中だったり

これは無理なんですけどー、これは酷すぎなんですけどーって

⭐か今回の作者さんと交渉をしてる最中なんでしょうねw

 

シャーロックやってるっていう、

大きな流れの「記憶」はある。

 

でも、ニューヨーク時代に解決してた事件のことを

歌舞伎町でシャーロックやってるときには

きっと、詳細には思い出せない。

資料を読み込む、とかすれば回復するくらい遠くにある感じ。

 

連なっているようで、連なっていなくてw

歌舞伎町でシャーロックやってた次が

ニューヨークのシャーロックのシーズン3、とかねw

 
 

作者の影響を強く受ける設定

 

地球で生きる私には

もともと、こんな性質が強くあって。

 

そもそも、アルクトゥルスのために地球に来てないから

今の地球にとって最善な設定へと

人間としての私を書き換える許可を

作者となりえる人にアルクトゥルスが与えている感じ。

 
 

だからね、私がこの地球で「自己集約」を語るのには

実は、かなり無理があるの。

 

それ、作者側やってる人の方が詳しく知ってるからw

っていうね。

 
 

じゃぁ、このまま

次の記事に続きまーす。

 

ミラーを使って「引き寄せ」みたいに

いや、引き寄せ以上に

現実を大きく強く動かすことのできる人

(この話しの流れで言うなら「作者」に成り得る人)のお話し。

 
 

全然関係ないけど

このシャーロック役の俳優さん

ジョニー・リー・ミラーって言うんだよw

 
 

おすすめ