真髄は、苦悩を歓喜に満ちた美に変える力から生まれている@ネガティブから笑いや癒し他者への導きを作る機転と強さ

「工夫とは、宇宙との対話のこと」

 

今日は、シャーマンから「真髄(神髄)」を深めようと思って。

 

「工夫とは、宇宙との対話のこと」

 

なるほど!!

 
 

シャーマンの世界では、

〇 3次元の物質や3次元での自分の思考と

〇 自分が交信できる次元

その「融合」を

「工夫」って言ってる感じがしたの。

【工夫】よい方法や手段をみつけようとして、考えをめぐらすこと。また、その方法や手段。

出典:デジタル大辞泉

 
 

 
 

「真髄」は先人たちがフラグを立ててくれたもの

電子や光子などの極めて小さい素粒子は、その振る舞いが量子力学で記述される。そして、量子力学によれば、これらの素粒子は、普段は確率として、ぼんやりとした霧の塊ように存在しており、観測を行なうまではその厳密な位置や速度などの状態を確定できない。つまり、見ていない(観測をしていない)素粒子は、見るまでは存在していないとも表現できる。

出典:この世のモノは見るまで存在しない“非実在性”は巨視的世界にも当てはまる

 

宇宙の真髄とは、

これまでの誰かが、

自らの能力と、宇宙の叡智を

ひたすらに掛け合わせて(←工夫)

見出し築いてきたものの結晶だったんだね!!

 
 

 

「真髄」を深く理解するために、ブッダの「この世」と「人間」の定義を読んでみて

 

 

諸行無常―すべてはうつり変わるもの

世の中のあらゆるものは一定ではなく、絶えず変化し続けているという真理です。

様々なことを「変わらない」と思い込み、このままであってほしいと願ったりもします。それが、「執着」へとつながるのです。

 

諸法無我―すべては繋がりの中で変化している

全てのものごとは影響を及ぼし合う因果関係によって成り立っていて、他と関係なしに独立して存在するものなどない、という真理です。

世の中のあらゆるものは、全てがお互いに影響を与え合って存在しています。自然環境と同じように、絶妙なバランスのうえに成り立っているのです。こう考えると、自分という存在すら主体的な自己として存在するものではなく、互いの関係のなかで”生かされている”存在であると気がつきます。

 

涅槃寂静―仏になるために仏教が目指すさとり

これは、仏教の目指す苦のない”さとり”の境地を示しています。

仏教に限らず、あらゆる宗教は「どうしたらみんなが幸せになれるのか」を追求します。しかし、世の中は自分の思い通りにならないことばかり。そんなとき、人は自分以外のものに原因を求め、不満になり、怒りを抱くものです。仏教では、こうした怒りは全て、自分の心が生み出していると考えます。その原因となっているのが、疑い、誤ったものの見方、プライドや誇り、欲望などの「煩悩」。こうした煩悩を消し去り、安らかな心をもって生きることこそ「涅槃寂静」、つまり”さとり”の境地なのです。

☞ この世の真理を解き明かす4つのキーワード|お釈迦さまの教え

 
 

 

「真髄」をくれる存在が、その真髄を生み出している世界とは

 

ここまで順を追って学びを深めてきたら

あ!!私その世界知ってる!!ってなって。

 

真髄は、苦悩を歓喜に満ちた美に変える力から生まれている
@ネガティブから笑いや癒し他者への導きを作る機転と強さ

 

私がずぅーーーっと

すごい!!!!!って憧れ、敬愛してたところだったの。

私は、この世界で「真髄」を作り出してるところを

ずっと見せてもらってきてたんだね。

 

 

LINEのこのポストへ

 

 

 

『世の中は自分の思い通りにならないことばかり。そんなとき、人は自分以外のものに原因を求め、不満になり、怒りを抱くものです。仏教では、こうした怒りは全て、自分の心が生み出していると考えます。その原因となっているのが、疑い、誤ったものの見方、プライドや誇り、欲望などの「煩悩」。

 

↑ これが「人間」で、人間の「普通」であり、地球の「普通」。

 

 

自分にとんでもなく高負荷をかけて

自分の愛を鍛え上げるように心の向きを変えるような

「怒り」や「煩悩」を、「美」や「芸術」へと転化するものすごい力

これができるから

私にとって、この世界にとって、

あなたはとても特別な存在だったのね。

 

 

「生きる」という日々の活動から生み出されている真髄(神髄)は、

自らの能力と、宇宙の叡智を

ひたすらに掛け合わせて(←工夫)

見出し築き創り上げてきたものの本当に尊い結晶で。

その尊さにクラクラする。

 

 

Vincent Van Gogh Visits the Gallery | Vincent and the Doctor | Doctor Who

 

「私にとっては最高の画家です。

古今の巨匠たちの中でも

間違いなく最も人気があり愛される存在です。

色彩を意のままに操る天才だ!

数奇な運命を辿りながら

その苦悩を見事

歓喜に満ちた美に変えたのです。

苦しみを描くのは簡単ですが

彼は芸術への情熱と苦痛を武器にして

この世の喜びと素晴らしさを表現しました。

このような画家は他にいません

恐らく今後も現れないでしょう。

私から見れば

世界最高の芸術家というだけでは言い足りませんよ!

人類史上、最も尊敬できる人物のひとりなんです。

 

 

誰もができるレベルの「自分を律する」じゃない。

ブッダレベルの!ってことやん?w

ゴッホレベルの!ってことやん?w

 

 

真髄は、苦悩を歓喜に満ちた美に変える力(能力・器・努力・自らを律する心)から生まれている

 

 

美しすぎるものからできているからこそ、

真髄(神髄)に触れることで

強力に浄化されるんだね!!!!

 

 

 

この記事があなたのお役に立てたのなら
他の、必要な方に届くよう
ランキングのクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 ★☆ ☆★ Thank you ★☆ ☆★