自分らしく外側と繋がるための自己集約@内観的に自分の度数を高める

愛も光も、高次元の存在を介して繋がれる高次元のエネルギーも、

誰にでも平等に降り注いでいるけど

それを自分の力に変えられるかどうか、

自分の力として使えるかどうかは、

尊いものに対する誠意の度合いで決まると思うの。

 

 

誠意という、自分の器の大きさや、美しさによって

注いでもらえるものの質や量が決まるような世界観

要は、受け取る方側の器量によって

「受け取る」という行為そのものに差が生まれる。

 

☞ 何を、どれだけ受け取れるのかが変わってくる。

 
 

【 器量 】: ある事をするのにふさわしい能力や人徳。

出典:デジタル大辞泉

 
 

 
 

誠意って、

相手の愛や光を真っ直ぐに受け止め(インプット)

光として真っ直ぐ使うような(アウトプット)

真実の上を他者と気持ちよく真っ直ぐ生きる姿勢のこと。

 

思いやりや、まごころに満ちた状態で

自分を世界に開放することなんだよね。

 

↑ ここが、理想的なピュアなトーラス循環の起点。

 
 
 

サンキャッチャーが光を浴びて

浴びた光のそのままを自分に通して

自分を通したからこその虹を作るみたいな美しい景色。

 

自己集約として、

切り離すべきところを切り離したら

幸せの ど真ん中に

あなたの虹を作れるよ♡♡

 
 

あわせて読みたい