【出雲神議】調和との話し合いで承認されたものが現実として降ろされる@アウフヘーベン

出雲での神議の準備を

👼上が始めています。

出雲大社神在祭

今年は 2019年 11月 6日からですね。

 

カウンセリングではもうお話しし始めてるんですが、

ブログとして外に出せないこともあるから

逐一、上に了解を取りながら

ここでお話しできることは、これからひとつずつ向き合っていきますね。

 

(たぶん去年だよね?w)

出雲の神議のあと

「クリスマスプレゼント」っていう体で

ギフトとして渡された【ミラー】ね。

とんでもない神器w

アレ関連の話しです。

 
今日はまだ、それの下ごしらえ的なところを。
 
 

先に、今日のテーマ「アウフヘーベン」を。

『それぞれの意見を否定するのではなく、
お互いを尊重しながらあらゆる可能性を探るために深い対話を行うことで、
二つのものを超越した、より高い次元の理解(結論)に至ることができます。
この状態に至る過程、あるいはその結果を「アウフヘーベン」といいます。』

出典:「アウフヘーベン」の意味とは?使い方と例文や弁証法も解説 | TRANS.Biz

 
 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 
 

本気で生き、神と呼ばれている「いのち」たちの声が

聞こえちゃう(←知りすぎてしまう、とも言う)人の世界

 

Mrs. GREEN APPLE – アウフヘーベン

 

これ、いつ頃降りてたメッセージなんだろ・・・って見たら

アルバムの発売日が2018年4月18日でした。

 
この後なんですよね、
「もう間に合わないね、ミラーでいこう!」って決定されたのは。
 
いつまでも適当な「安牌」は、もう終わり。
 
 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 
 

もっくんや、私もだけど、

あなたに「働きかけること」は、できる。

というか、

働きかけることしかできない。

 

そこから何を選び、どうするのかっていう

最終的なスタンスを「決める」のは、あなた。

 

↑それが、「調和」に向かわないことが明らかなものであるなら

『尊重しながらあらゆる可能性を探るために深い対話を行う』

ことに意味はあるのか。

 

新しく生まれてきたものを

過去のパターンで殺しながら見える可能性とは何か。

 

↑もはや呪詛。

ここから新たな可能性が見えたとしても

愛の中からなら、もっと安全にもっといいクオリティーの可能性が見つかると思う。

 

どう華々しく殺すのかの話しは、

出雲に集まる、本気でいのちを生きている神様たちとする話じゃなくて、

死神とか悪魔が得意そうだしw

 

 

個人の自由の範疇としては尊重できるけど

全体に反映させたときに全体の動きや流れが止まるようなものは

グループとしては抱えられないし、尊重できない。

 

・・・ってことはきっと、個人にとっても

尊重されたとて、得るものは無いんじゃないのかなって思うし、

だとするならそれは「尊重される」ということが欲しいだけな気がするし。

 

 

「どんくさいのがバレちゃうよ」

↑もっくんなりの煽り♡♡

 

どうかあなたも、後悔なんかしないように

鮮度最高の選択肢を

感度がいいままの瞬発力で

迷わず、ずんずん行って。

 

 

タイミングを逃すほど、

次に用意されてる選択肢のクオリティは

下がっていくのが常だからね。

 

今一番いいもの(旬みたいに栄養価が一番高く美味しく良い状態)は、

あなたの成長とともにそのステージが始まった

一番最初のところに用意されてるのが

宇宙の法則だよ♡♡

 

 

だから、出雲の神議で用意してもらってたようなご縁は、

「急に」とか「いきなり」とかで、

迷う暇なんてないくらいの

インスピレーションみたいな速度で通過する。

 

予め結んでくれてあったからこそ、

ものすごい勢いで通過したものが引っかかった反動が

ゴムパッチンの要領で

ぺちん!!!!!ってなって

「出現」に、インパクトがあるんだよね(ノ∀`笑)

 

 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 

 

数年前の、この曲みたいに、

上は「世界を」っていう視点では

もう動いてない感じがします。

 

「あなたは」とか「あなたたちは」とかっていう

少しレベル分けがなされた目で、それぞれを把握しようとしてる。

 

ゆえに【ミラー】を、特定のグループに降ろしたんですよ。

 

 

「同じように」働きかけた結果の「差」を

それぞれの(個人の)評価とするわけですけど。

 

まずは、アウフヘーベンの前段階、

「あなたは本当はどうしたい?」っていう問いに、

しっかりとあなたの意見が言えるくらいにしておきたいですよね。

 

そこから、「調和」との話し合い▶︎アウフヘーベンを経て、

あなたの「ご縁」として、

出雲の神議で「承認」されたものが

現実に降りてきて「生きる」ことになるから。

 

ここまで来て「安牌な回答」なんて、何の意味もないでしょう?

(本当に)なんだっていいんだっけ?

(それで)大丈夫なんだっけ?

 

 

 

あわせて読みたい