真実は極めてパワフル、真実で関わるなら2割で十分

【8:2というバランス】

随分前に行き詰ったときに、
(*゚v゚*)「これから、存在の割合を
アルクトゥルス : 地球 = 8 : 2 にするから」
って言われて、そのままそうなって、現行それなんですけどw

あまり実感のないままにここまで来て、
でも、あのとき言われた 8:2 という割合だけは
なんとなく覚えてたんですよね。

 

4月に入ったくらいのときに
(たぶん、新元号になるって言いだした頃で、
代替わりの様が明確になってきたときですよね。
・・・その理由に関わりそうな方には
もう既に概要をお話ししてあるので
詳細はここには書けないんですがw)

 

上が、「真実」に対して
もの凄く潔癖になり出したんです。

 

っていうのが、この記事の前置きね。

 
 

★ ——————————– ☆

 
 

(*゚v゚*)「真実というのは、それだけでとても大きなエネルギーを持つ。
人によっては、鋭い、痛い、キツイ、と
強過ぎると感じることもあるものだ。
 
君たちは、真実でしか生きられない。
 
だからこそ、人間と真実で関わるのなら2割で、というのが大事なんだよ。
 
2割で伝えたときに、相手がそれを(今は)理解できなくても、
緩衝材として、
お互いの間をとったもの ← 真実のレベルを落としたもの
を、話の中に詰め込めば、
相手が理解できるのは、その緩衝材のレベルだけだ。
わかったつもりにさせてしまう。

そして、そのわかったつもりという傲慢さでは
永遠に真実には辿り着けないし、
そこから始まるのは真実ではなく、嘘や幻だ。

 
 

真実には力がある。
特別な引力があるんだ。
純粋に真実のみのエネルギーであれば、
人間は、たとえそれが理解できなかったとしても、
どうしても引っかかり、気になり続けるものなんだよ。
 
気になり、モヤモヤするするという不快さは、
真実へと辿り着くための動機になる。

 

気遣いや優しさから、
余計な緩衝材を多用していると、
彼らはいつまで経っても、
今のレベルを離れずにとどまることになるんだよ。」

 
 

 
これを、カウンセリングでお伝えするときに、
「おじさんの頭」でイメージしてもらっていたんですw
 
8:2で関わりなさいって言われて、
いざやってみると
きっと7:3くらいなんですけどw
 
8:2って、思ってるよりももっと
ここからこう!!ってwwww
 

 
やりすぎや、関わりすぎてしまうのは、
相手への思いやりや気遣いからなんですが、
真実が理解できず、真実を感じ取ることもできないあなたなら
真実含有量数%の嘘風呂という
ぬるま湯に浸かってていいよ
っていう
ヤバイものを繁殖させる温床を提供しちゃうことになってた。
 
 
本当の優しさ、
本当の愛情、
本当の関係、
私たちが、何かをして満足できるときって
「本当のもの」に触れてるときだと思うの。
 
 

あわせて読みたい