体験=理解ではない@他者に踏み込んでもらうことでしか見えない自分のこと

昨日の神様飲み会で ←w

「君は九死に一生を得たんだから、

その命で、君の手で、

幸せに置き換えるべきことがまだあるんだよ」

って言われて。

 
 

日常会話で、

なかなか九死に一生って出てこないやん?w

 

七転び八起き的なニュアンスでサラッと

(*´ω`*)はーい って済まそうとしたら

 

「いや、君は真意を全く理解してないよ」

 
 

調べたの。

日本語って、ほんまに的を得た表現になってるよね。

九死に一生を得る

言い換えると▶︎「一命を取り留める」

 

一命を取り留めるって、

手術室の前とかでドクターに言われるやつちゃう?w

 

「九分通り助からない命」… (꒪д꒪II

 

あ…私あのとき…本当に命の瀬戸際に….

って鮮明にイメージできたらさ、

もう、大事なことなんて ひとつしかなくて。

 

幸せぇー♡♡って生きながら

周りの人まで笑顔にしたいだけだったよ。

 

もう私は、一生分苦しんだからw

余生は、ただひたすらに

愛にヒタヒタ浸りながら

幸せに満たされて生きるって昨日決めた。

 
 

「君は九死に一生を得たんだから、

その命で、君の手で、

幸せに置き換えるべきことがまだあるんだよ」

 

体験したからといって、

その本当の意味を理解できてるとは限らないんだね。

 

…っていうか、

体験することにいっぱいいっぱいで

渦中にいるときに

自分のおかれた状況を俯瞰で見て理解するなんて無理かも。

 

自分の体験(主観)の中に、

他者(客観性)に踏み込んできてもらうことで

完全な体験となって、

そうなったもの(体験の元を取る的な?w)だけが

手放す準備ができたものとして、手放しに向かうんだろうな。

 
 

ちょっと前に頂いたフレーバーティーのパッケージが

なんかもう・・・見てるだけで落ち着くし満たされるし、で。

目につくところに置いてるんです。

「メルシー ミルフォワ」とは、
フランス語で「心からのありがとう」を意味する感謝の言葉です。

出典:LUPICIA

 

心からのありがとうだけを

生きるモチベーションにしたいな

そしたらきっと、幸せからブレることなく

幸せの中で、だいすき!!って言い続けられるよね。

 

 

あわせて読みたい