甘えるのが嬉しくて楽しくてワクワクする要素に昇華

ライトワーカーに決定的に欠けている感覚「甘える」

 

これまでの過酷さゆえに、

あなたがピラミッドの頂点ゆえに、

集団を率いているトップゆえに、

愛のレベル、愛の度数が高いゆえに、

 

甘えたときに

あなたが満足できなかったり、

甘えたことで逆に、とても寂しい思いをしたり、と

ある種の「トラウマ」から

誰かに甘えて満たされるという選択肢を

もう、とうの昔に 封印してるってことがほとんどじゃないかな。

  

 

あなたが他者に甘えない一番の理由は、

甘えられる人がいない、では?w

  

 

健全な「甘える」は、周りごと sweet に

 

本来、甘えるという行為は、

その字の通り

周りごと sweet にしちゃうくらい

愛や優しさ、温もりが

ふわーんと心地良く広がるもの。

 
 

依存され、エナジーバンパイアの被害に遭ってきたライトワーカーさんほど

自分が「甘える」ことに

とても大きなブロックがあるんだと思います。

 

誰かに迷惑をかける、とか

誰かを煩わせてしまう、とか

誰かの負担になってしまう、とか

 

いつも自分が感じていたり

他者に背負わされているものを

自己表現として自分が・・・

ということが、とても怖いんですよね。

 

うん、すごくわかる!!w

 
 

ここで、思い出して欲しいのが、

あなたは、ホンモノ(高波動)だってこと。

 

【ミラー】現実の中のホンモノ(高波動)は、良い音をイメージすると捉えやすい

 

もともと調和の取れたいい音(高波動)は、

拡大発展(大音量)させても「気持ちいい」けど

粗悪な音(低波動)は、

同じように拡大発展させると

周囲との騒音トラブルになるって話し。

 
 

甘えるに関しても、全く同じことが言えるよね。

 
 

自分を開いた状態で世界を受け入れているときの感覚

 

「今は、甘えるのが

嬉しくて楽しくてワクワクする要素なんだ♪」

って、ご機嫌な状態で言ってるのを聞いて

ハッとしたんです。

 
 

あれ?こんなこと言えるライトワーカーっていたっけ?って。

 
 

きっと、ライトワーカーの能力と権限のアップグレードが

すこぶる 上手くいってるんでしょうね。

 

自分への信頼度が増していて、

その分、周囲に対して自分を開いている状態なんだと思う。

 

 

ライトワーカーに於いては、

周囲を信頼しているから甘えられるんじゃなく、

自分を信頼しているから甘えられる

↑こっちの世界観の方が強いんじゃないですかね。

 

 

自分を信頼しているからこそ

相手の好意からの行為を

ありがとう!!嬉しい!!って

安心して貰える、貰うことを楽しめる。

 

 

あなたが、本当に本当に大切な人ゆえに、

周囲のあなたへの扱いが

あなたのその尊さに見合わない時がある。

 

いや、そんなときばっかりだ!w

 

 

あなたは、小さい頃から

周囲が自分をどう扱うのかというところから

自分の存在価値みたいなものを

逆算、逆輸入的に学んできてしまっているだけ。

 

本来のあなたに向けられるべきものではないものから

自分を知るために

多くを学んできてしまっているのよね。

 

この、壮大な年月をかけ

かけられていた魔法というか呪いから

やっと解かれようとしてる。

 

 

「甘えるのが、嬉しくて楽しくてワクワクする要素なんだ♪」

たぶん、これくらいの境地のところで

本来のあなたが待っているんだと思います。

 

あ!もうすぐ辿り着きそう!って感じ?

それとも

うわー💦 だいぶ先に居るな・・・って感じる?

 

 

本来の自分との合流が

まだまだだいぶ先だと感じる方は、

もう一度、ライオンのところから

エネルギーを浴びてきてみて。

 

あなたにも、甘えることにワクワクできるような

本来のあなたを抱きしめてみて欲しいの。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ