まずオリジナルを生きている人を守るという優先順位@真似は地球でのみ意味のあること

今日は、「オリジナル」を生きてるあなたが

どれほど尊いのかって話♡♡

 

ころにゃんのオーバーシュートと同じように、

ライトワーカーさん達が抱えすぎているものがオーバーシュートしないように守るとするなら

まず真っ先に「オリジナル」を生きてくれてる人から守るよね!っていうね。

ノアの箱舟みたいな。

あなたの優先順位が高くて当たり前なんだよっていう話。

 
 

真似は魂の体験には成り得ない

 

「真似」は、地球でのみ(3次元の物質世界)意味のあること

体と頭のためのもので

(武術の型を体に覚え込ませるとかね)

魂の体験には成り得ない

 

元々誰かのものであって

オリジナルじゃないから。

常に「誰か」を意識して

それを自分に落とし込む作業。

自分で生み出してるときと

ワクワクの強度がもう全然違うもんね。

 

真似は、動詞「マネブ(学ぶ)」「マナブ(学ぶ)」と同源

出典:真似-言語由来辞典

 

そうそう、真似はまだ学ぶ途中のものだから魂の体験ではないんだよね。

インプットやアウトプットの幅を広げ奥行を出すための

自分の魂を生かすための前段階の準備のところだから。

 

 

オリジナルと真似は、スマホの表裏くらい大きく違う

 

エネルギーって、ある意味残酷でさ

真似では絶対に越えられない一線があって

そこが「ホンモノ」と「ホンモノではないもの」を分けている。

 

 

真似だけではクリアできないことのうち

食べる真似とかがわかりやすいかな。

チャージできないよね、食べる真似だとw

 

当たり前だけど、

本当に食べれてる人の活動量を同じように活動すると枯渇する

消耗が激しすぎて。

だって、チャージできないわ、エネルギーの消費は止められないわだもん。

 

 

↑ これを踏まえたいろんな意味で

真似だけで行ける(到達できる)エリアは限られている。

そして、真似が本物を越えることは絶対にない。

真似が、オリジナルになることが絶対にないのと同じでね。

 

 

ミラーとして、自分の波動のレベルで個々が活動するときも同じ。

オリジナルか、真似か

「ホンモノ」か「ホンモノではないもの」か

手に取るもの、

情報へのアクセス手段は合っていて

同じものを手にしていても、

そこには、スマホの表裏くらい大きな差があるの。

 

 

(私はよくあるんだけどさw

夜中にたたき起こされてスマホで何か調べるときに

真っ暗の中、スマホの裏側をタップしててwww

一向に反応しないから

あれ、接触が・・・あ、これ裏面か(苦笑)みたいになるやつねw

スマホって、裏側をタップしても何もできないんだよ!www)

 

 

魂が生きているオリジナルの状態のあなただからこそ…

今あなたが居る場所には

あなたの真似では辿り着けないし、

今あなたがやってることは

あなたの真似では到達できない。

 

オリジナルと真似の差は、

真似してる側からは大した差がないように見えるんだろうけど、

オリジナル側から見ると

まったくレベルの違うものに見えるっていうね。

 

 

でね、最初のところに戻るんだけど

👼 ← 彼らや私が今、一番気にかけてるのが

優先順位の高い、オリジナルを生きてくれてるあなたを守ること。

 

ライトワーカーの元には特に、

人を経た分だけ「濃縮」されたエネルギーが集まってくる。

最後に頼れるのは この人しかいないって

みんながあなたを思い浮かべるでしょ?w

 

オリジナルだってところが既に貴重なのに

あなたには別枠でも負荷がかかっている今だからね。

 

 

おすすめ